双葉町の桜 2015_4月

 

双葉町に設置してある看板「原子力明るい未来のエネルギー」の標語を作った、双葉町出身の大沼勇治さんは、双葉町が看板が古くなったので取り壊すとの話を聞き、双葉町の為にこの看板は未来にまでぜひ残してもらいたいと活動をしています。そんな中4月13、16・17・18日の4日双葉町の許可を得てマスコミの方々と一緒に桜と看板を見に行ってきたと連絡がありました。各マスコミの取材した様子です。

This entry was posted on 木曜日, 4月 23rd, 2015 at 7:14 PM and is filed under 加須、福島ちからをあわせて!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply